×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

乳がんは、乳房の母乳を作る組織や、乳首まで母乳を運ぶ乳管組織にできる悪性腫瘍です。

乳がんは、20歳を過ぎる頃から発症が確認されており、30歳を超えるとさらに患者数は多くなります。
40~50歳の発症が最も多く、女性が発症するがんの中では最も多いがんだと言われています。
決して女性だけに限らず、男性も割合は少ないものの、発症する場合があります。



自宅で簡単ガン検査

乳がんについて

 

乳がんは、乳房の中の母乳が作られる乳腺や、乳管組織に生じる腫瘍のうち、悪性と言われるものを乳がんと言います。

 

初期段階では自覚症状が現われないため、気が付かずにそのままでいる場合も多いと言われています。

 

その後、がん細胞が増殖を続けると、乳房の中にしこりが確認できるようになります。

 

また、乳房の皮膚にくぼみができたり、皮膚が赤く腫れたり、ただれが生じる場合もあります。

 

がん細胞が増殖したまま放置していると、血液やリンパを通じて全身へと広がってしまいます。

 

遠隔転移しやすい臓器は、骨、肺、肝臓、脳などが挙げられます。

 

治療には、手術によって乳房のしこりを切除する外科療法、がん細胞を死滅させる放射線照射をおこなう放射線療法、抗がん剤やホルモン剤の投与による薬物療法などがあります。


病院と同じ精度の検査が自宅で簡単に出来る
乳がんは、近年の食生活の欧米化やホルモンバランスの変化などから、発症率が急激に増えていると言われています。
しかし、早期の検査で早期発見する事ができれば、助かる可能性は非常に高いと言われています。